fc2ブログ
dj_top

初恋ときみとぼく。 (154)
黒と白のさくらんぼ (192)
雪落ちるしっぽ (163)
俺様、恋 (309)
ロミオと白雪王子様 (135)
黒猫★ハニートラップ (85)
放課後の恋人 (66)
Baby Doll (61)
Love in the ICE (11)
T.S,S (2)
かみさまとお兄ちゃん (4)
その他 (7)

全ての記事を表示する

來海沙羅

Author:來海沙羅
同人活動をしてました。
現在はブログやサイトでBL小説を執筆中。
お仕事は同人も商業も大歓迎です。
コメントなどお気軽に!
ツイッターはyukinkos●r●です。●→a

お仕事ご依頼、その他ご連絡はこちらにお願いします。

Powered by NINJA TOOLS

◆メールフォーム不具合などの場合はこちらに直接お願い致します。
kimachisara*hotmail.co.jp(*→@)

現在の閲覧者数:

オリジナルBL小説創作ブログ。BL苦手な方は回避をお願いします。1日2回、さらりと読めるよう短めな文章で更新中。
http://kamisamatoyuzuki.blog73.fc2.com/
sen
2021.03.31(Wed) 10:30
ご来訪ありがとうございます。
当ブログは、オリジナルBL小説創作ブログです。BLが苦手な方は退避をお願いします。
以下、当ブログの説明と作品紹介です。
初めてお越しの方は、目を通して頂く様お願い致します。


 

>>>Read more

スポンサーサイト



Comment(4) 
Category:その他  Genre:小説・文学  Theme:自作BL連載小説 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2017.11.02(Thu) 08:49
お久しぶりです、沙羅です。

もう覚えてらっしゃる方いないよなあ…と思いつつ、
久しぶりに自分のお話をゆっくり読み返したら書きたい欲が出てきたので
近々リハビリしつつ更新再開したいと思います。

よねんぶり…

びっくりしました。
そんななか、読んでくださる方がいっぱいいらっしゃって幸せです。
ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。



沙羅 

>>>Read more

Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.08.06(Tue) 13:38
うおおおお…大変ご無沙汰しております。
沙羅です。

お正月に次の更新は…と言いながら、8月になってしまいまし…た…。。。

こんな放置してしまっていたサイトに、まだ足を運んでいただいていたり、
コメントを残してくださったり…本当に感謝してもしきれないほどです。

別で動いていたことがだいぶ落ち着いてきたので、準備が整い次第
また更新し始めたいと思います。
見放さずにお声をかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました…!!!

また、ひょっこりマイペースに始めたいと思いますので
再開した際は、遊びに来ていただけると幸いです。

コメントのお返事は、時間を見つけて大切に返させていただきますね…。゚(゚´ω`゚)゚。

本当に本当にありがとうございます…!!!!!
 
Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.01.03(Thu) 14:05
あけましておめでとうございます。沙羅です。

去年はたくさんお世話になり、ありがとうございました。
今年もマイペースながらがんばりますので、どうぞよろしくお願いします^^

今年の更新は、たぶん明日になるかと思います!

毬也碧生や、今まで出て来た子たち、新しい子たちで
皆様に少しでも何か感じていただけるようがんばります。

BL小説っていいなぁあああと思っていただければ、嬉しいです…!

ではっ短めのごあいさつではありますが、
今年も素敵な萌えに出会えますように…!!!

沙羅
 
Comment(1) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.30(Sun) 02:57
 ドキドキと碧生の早目の鼓動が、身体に伝わる。
 柔らかい髪の毛を梳くように撫で、そぉっと顔を上げさせた。

 額から頬へ。
 頬から鼻の頭へ。
 そして、唇。

 なぞる様にキスを繰り返し、啄むよう下唇を食む。

 あ、また眼鏡外してあげるの忘れちゃった。
 まぁいっか。もう眼鏡したままのキスで慣れちゃったし。

 慈しむように唇を重ねてから、深いキスを落としていく。

 碧生は俺のブレザーをきゅうっと掴んで、震えた舌先を絡めた。


「…んっ」


 ぴくっぴくっと、素直に反応してくれる碧生がすごく愛おしい。
 唇の隙間から、焦れたように吐き出される吐息がすごくいやらしい。

 …これから、碧生と。
 そう思うだけで、俺の身体も簡単に反応し始めた。

 制服を握っていた碧生の手の力が、ふわりと緩くなる。  
 それを合図に、ふわりと身体を押し倒す。

 碧生は無抵抗にされるがまま、ぱふっと柔らかい羽毛布団に埋まった。

 腕の距離だけで、目を細めて恋人を見つめる。


「碧生、本当にいいんだよね?」

「……うん」

「こわい?」

「………少し」  

「ん、嫌だと思ったらすぐに言ってね」

「…」

「なるべく、理性は残せるよう頑張るから」


 にこっと優しく微笑んだ俺へ、碧生は照れるかのよう視線を泳がしてからこくっと小さく頷いた。

 眼鏡を外してあげた指が、自分でも知らずに細かく震えている。
 オレンジ色の灯りまで光を落として、碧生の上から覆うように抱き締めた。





*********************************************

ポチッと投票して頂けると、嬉しいです!
baneanimal22.gifブログ村BL小説baneusagi.gif

また日にちがあいてしまいました…すみません><
実は今現在、原稿に追われてましてですね……
いっぱいいっぱいな感じです。締切がこわい。

無事脱稿出来ればまた更新ペースを戻せるかと思いますので、
忘れないでいていただけると…うれしいです(涙

本当に、私事ですみません。

ひとまず、まりやと碧生だけはちゃんと完結させたいです。
がんばります…!

次の更新は、0時頃予定です。
拍手応援もいつもありがとうございます!!読了後パチッと押して頂けると励みになります! 
Comment(1) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2022 Baby★Baby★Doll, all rights reserved.